社会福祉法人白ゆり共生会の沿革

1 特定非営利活動法人北障連の流れ

(1) きたかみ福祉共同作業所からワークステーションきたかみへ
  ・昭和57年、共同作業所を考える会が発足
  ・昭和59年、きたかみ福祉共同作業所が設立(旧県立黒沢尻工業高校跡クラブ室)
       作業(時計バンド組み立て作業)開始
  ・昭和63年、北上福祉共同作業所保護者会が設立
  ・平成元年、北上市総合福祉センターの開設(常盤台二丁目)に合わせて、同センター作業室に
        移転。
  ・平成15年、受注開発事業を開始
  ・平成18年4月、特定非営利活動法人北障連の運営となり、名称を「特定非営利活動法人 北障
        連 ワークステーションきたかみ」に変更

(2) 北上市障害者団体連絡協議会による自立生活支援センター北上開所
  ・平成11年7月、北上市障害者自立支援センター(仮称)設立準備委員会が発足
  ・平成12年4月、北上市障害者団体連絡協議会が、北上市との契約により、北上市障害者生活
          支援事業として、自立生活支援センター北上を開設
  ・平成16年4月、特定非営利活動法人北障連の運営となる。

(3) 特定非営利活動法人北障連設立
  ・平成16年2月、法人設立認証
  ・平成16年4月、自立生活支援センター北上を北障連の運営とする。
  ・平成18年4月、きたかみ福祉共同作業所事業を、北障連の事業とする。
  ・平成19年、ワークステーションきたかみで、就労継続支援(B型)事業を開始
  ・平成22年、緊急雇用販売促進事業の受託法人となる。(平成24年度まで)
  ・平成23年、ワークステーションきたかみを、旧和賀町保健センター跡(和賀町長沼)に移転
  ・平成23年10月、ワークステーションきたかみで、生活介護支援事業を開始


2 特定非営利活動法人なごみの会の流れ

(1) 精神障害者家族会によるしらゆり工房開所
  ・昭和57年7月、精神障害者家族会北和会が発足
  ・平成6年12月、北和会に小規模作業所設立委員会設置
  ・平成8年4月、小規模作業所「しらゆり工房」開所(新穀町一丁目)
       作業(箱折り等)開始
  ・平成14年10月、旧野中保育園跡(下江釣子)に移転

(2) 特定非営利活動法人なごみの会設立
  ・平成20年1月、法人設立認証
  ・平成20年4月、しらゆり工房をなごみの会の運営とする。
  ・平成23年1月、パン菓子製造場を増築登記


3 社会福祉法人白ゆり共生会の設立

(1) 社会福祉法人設立の発意
  ・平成24年3月、北障連及びなごみの会が、社会福祉法人設立を機関決定
  ・平成24年4月、社会福祉法人設立準備委員会が発足(委員委嘱)
   (社会福祉法人設立の趣意:障害者の地域での暮らしを支援する充実した体制を確立すると
    ともに、なお一層の利用者のニーズに応えるため、社会福祉法人を設立し、組織の充実と
    環境の整備、経営・運営基盤の強化を図る。)

(2) 社会福祉法人設立(準備)委員会による検討
  ・平成24年4月、社会福祉法人設立準備委員会において、法人の体制、定款ほかを検討するほ
           か、例規検討会を置き、細部の検討を重ね、当時の所轄庁(岩手県知事)担
          当課と協議
  ・平成25年4月、所轄庁が北上市長に変更されたことに伴い、北上市担当課との協議を始める。
  ・平成25年4月、社会福祉法人設立準備委員会を社会福祉法人設立委員会に改称し、新規に委
          員委嘱
  ・平成25年9月、北上市長(担当課)に申請事前相談書類を提出
  ・平成25年11月、北上市長(担当課)に事前審査書類を提出
  ・平成25年12月、社会福祉法人移行について、当時のNPO職員に説明(2度)
  ・平成26年1月、北上市長(担当課)に審査会申請資料を提出
  ・平成26年2月、岩手県県南広域振興局と、法人変更に係る協議
  ・平成26年2月、法人設立委員会における審議を経て、法人設立申請書を提出
  ・平成26年2月、北上市長から社会福祉法人設立認可

(3) 社会福祉法人白ゆり共生会の設立
  ・平成26年3月、盛岡地方法務局において、法人設立登記完了
  ・平成26年3月、第1回評議員及び理事会を開催し、評議員並びに理事及び理事長が決定
  ・平成26年3月、法人設立申請書に記載した財産について、特定非営利活動法人北障連及び同
          なごみの会から譲与手続き
  ・平成26年4月、社会福祉法人として、各施設の事業を開始


   社会福祉法人白ゆり共生会設立設立に至る功労物故者 御芳名

  澤 藤 禮次郎 様  昭和63年、きたかみ福祉共同作業所設立功労者
             平成12年、自立生活支援センター北上開設功労者
  菊 池 勇 二 様  きたかみ福祉共同作業所 初代所長
  及 川  清  様  きたかみ福祉共同作業所 二代目所長
  簡   一 雄 様  きたかみ福祉共同作業所 三代目所長
  谷地畝 幸 吉 様  きたかみ福祉共同作業所 四代目所長
             自立生活支援センター北上 副所長
  高野橋 米 吉 様  北上地区精神障害者家族会北和会 会長
  八重樫 達 夫 様  しらゆり工房 初代所長
  多 田 正 勝 様  しらゆり工房 二代目所長

 物故者のほかにも数多くの方々の御尽力があったことを胸に刻みたいと思います。